試しにタイヨウフウフblog(仮)

試しに「タイヨウフウフログ」と「こっそりしなこ日記」をまとめてみました
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新潟戦 | top | 磐田戦 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | -

ナビスコ仙台戦

  もりやすでございます。久しぶりに観戦記なぞ。読んで頂けると幸いでございます。

 ナビスコ初戦、仙台戦。負けました。悔しいですな~。1年以上ぶりに11人で日立台で負けたから、全く免疫が弱くなっておりました。悔しいですな~。

 カップ戦の性格上、ピッコリするかとも(ピッコリとは、メンバー替えのことのようです。エルゴラ的に。)思いましたが、柏も仙台もほぼ入れ替えなし。松下が今は仙台なのねと思いました。

 前半、仙台の意図は明確でした。大谷と栗澤に太田弟とシーサー赤嶺が張り付きます。柏の心臓をケアすることで、ビルドアップ・ポゼッションのリズムを崩そうというものでした。加えて仙台は中央を気持ちが悪いぐらいガッチリと固めてきます。次郎も言ってましたが、最後の最後で跳ね返すという意思統一がチーム内に相当できているなと感じました。

 ただ、赤嶺と太田が自陣まで引いてボランチをケアするので、仙台はカウンターという戦術を放棄したように感じました。そのため、柏はほとんどピンチらしいピンチはなかったと感じます。思いのほか赤嶺が競り合いに強いことが驚きでしたが・・・

 近藤の負傷と審判のヘタレ(バックパスでオフサイドって・・・)に、ショックとストレスを抱えたまま前半終了。今季ここまで無得点試合がないことからも、焦らずに後半の爆発に期待するタイヨウフウフでございました。

 後半。柏は対策を講じました。大谷と栗澤が、後半からはタテの関係になり、特に大谷は最終ラインまで引いてビルドアップします。これでサイドにCBが流れ、サイドにスペースが生まれ、サイドからの崩しが多くなりました。

 しかし、相変わらずに仙台さんは中がガチガチです。レアンドロが窮屈そうに見えました。キタジもよく顔は出しますが、それにしてもスペースが狭い。唯一ワグネルだけが自由人で面白かったのですが。

 そして、最後のセットプレーだけでズドンです。悔しいなあ。仙台さんはセットプレー相当練習してそうな感じしました。ロスタイムのあの場面で、サイドにボールが渡った瞬間、嫌〜な予感しちゃいましたが・・・

 今にして思えば、ハーフタイム中にも何となく感じたのですが、ホジェル見たかったなあと。中がガチガチでサイドにはスペースがあったので、ホジェルがゴール前でターゲットになれるのではないかと、感じていました。


 しつこいけど悔しい。でも、セカンドレグはまだ先なので、一番重要なことは、すぐに切り替えることですよね。次は祐三とスンスケだし、祐三とスンスケにはやられたくないなあ。あ、あと大黒。


 観戦された方、お疲れ様でございます。後で振り返れば今日の敗戦がプレミアムに感じるぐらいこれから勝っていけばいいですよね。俺は久しぶりに試合前にノリゾウさんとお話できたのが嬉しかったっす。

 ではでは。
posted by もりやす | 柏レイソル | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://taiyoufuufu.jugem.jp/trackback/109
トラックバック